【アジア2次予選3戦目】日本vsタジキスタンをNetBetで予想

サッカー

《カタール・W杯アジア2次予選》10日にホームで行われたモンゴル戦を6-0で快勝し、予選開幕から2連勝で好調の滑り出しを見せている日本代表。

次は15日、FIFAランキング115位タジキスタンとのアウェー戦に臨みます。

日本が属するグループFの現在順位は以下の通り↓

順位 チーム 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 日本 6 2 2 0 0 8 0 8
2 タジキスタン 6 2 2 0 0 2 0 2
3 キルギス 3 2 1 0 1 7 1 6
4 モンゴル 3 3 1 0 2 1 7 -6
5 ミャンマー 0 3 0 0 3 0 10 -10

日本と同様、タジキスタンも開幕から2連勝で勝点は同じ6で並んでいます。

FIFAランクでは日本が31位と大きく上回りますが、タジキスタンは9月に行われた初戦、97位で格上とされるキルギスを破っているので油断のならない相手です。

果たして日本はこの勝負に勝って3連勝とすることができるでしょうか?

今回はこちらの試合をNetBet(ネットベット)で予想していきたいと思います。

《日本代表vsタジキスタン代表》NetBetの対戦オッズ

では、オッズの方を見ていきたいと思います。

日本1.12倍、タジキスタン15.25倍

日本が圧倒的に優勢と見られています。

確かにFIFAランキングという数字上の順位では大きな差がありますし、両代表は過去に2度対戦しているようですが、どちらも日本が大差をつけて勝っています。

しかし、それもすでに8年も前の話ですし、現在はタジキスタンもかなり実力をつけているので、そう簡単な試合ではないと思われます。

そして、さらに懸念されるのはアウェーでの対戦という点で、現地の試合会場はピッチに天然芝ではなく“人工芝”が使われているということ。

天然芝とはボールの転がりや、バウンドに違いがあるそうなので、果たしてそれが選手たちのプレーにどのような影響を及ぼすのか?

ミャンマー戦ではスコールに見舞われ、ピッチコンディションが悪い中でもうまく対応していたようなので、今回も大丈夫とは思いますが、しかし、モンゴル戦のように大差をつけて勝つのは難しいかもしれません。

日本が勝利するとは思いますが、果たして得点をどれくらい挙げられるか分からないので、単純に日本の勝利にベットしていきたかったのですが、しかし見ての通りオッズが1.12倍と低すぎますので、あまり賭ける意味がありません。

したがって、日本に-2.25点のハンディがあるアジアンハンディキャップにベットしていきたいと思います。

これならオッズも2.02倍なので勝てばそれなりの利益もあります。

しかし、これは-2.25点のハンディがあるので日本が3点差以上つけて勝たなければ賭けは勝ちになりません。

5ドルベットしました。勝てば10.10ドルの払い戻しとなります。

正直、アウェーで3点差以上つけて勝利するというのは少し難しい気もするのですが、そこは日本の適応力に期待したいところです。

そして今回は前戦で出番のなかった久保選手が出場する可能性もありそうです。人工芝でのプレーには慣れているようなので、きっとチームの勝利に大きく貢献してくれるでしょう。

【試合結果】3-0で日本完勝!

結果は日本がタジキスタンを完封で3-0の快勝でした。

しかし、タジキスタンも予想以上に強かったので、初めは得点を挙げるのさえ難しいのではないかと思われる試合展開でした。

やはり人工芝のピッチがネックになったようで、日本は所々で些細なキックミスなどがあり、思うような攻撃ができず苦戦していたようです。

一方、タジキスタンは慣れた様子で、果敢に日本陣内に攻め込み、何度かゴールを脅かされる場面もありましたが、GK権田選手の好セーブで事なきを得ていたという感じでしたね。

タジキスタンはもっと守備に重点を置いてくるのかと予想していましたが、積極的に攻勢に出ていたのが意外でした。

結局、前半は互いに譲らず0-0で折り返したので、「これ日本勝てるのかな?」と心配になりましたが、後半にはキッチリ決めてきましたね。

まずは、後半に入って間もなく中島選手のクロスを南野選手が頭で合わせて先制。

その直後、右サイドから酒井選手がゴール前に通したパスを、またも南野選手が難しい体勢ながらヒールで合わせて追加点。

そして終盤には酒井選手が右サイドから絶妙なクロスを上げると、それに反応した浅野選手がヘディングで決めてダメ押しの3点目

見事にアウェー戦を制して勝ち点を9に伸ばし、F組単独トップに躍り出ました。

今回、久保選手の出場もありましたが、本当に終盤の残り5分くらいでの登場だったので、あまり大きな活躍は見られませんでした。

もう少し早く起用されていれば、ゴールも生まれたかもしれませんが、また次の機会に持ち越しとなりました。

NetBetでの賭けも勝ち!

おかげさまで、日本が3点差で勝利したので、賭けにも勝つことができました!

NetBet 収支明細
資 金61.76ドル
ベット額5ドル
払戻金10.10ドル(+5.10ドル)
残 高66.86ドル(約7,262円)

これで予選開幕から3連勝とした日本代表、次は11月にキルギス代表と対戦することになります。

ちょうど一月開きますけど、この勢いを持続して次戦も勝利で飾ってほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました