ウィンブルドン4回戦!錦織圭vsM・ククシュキン戦を10Betで予想

テニス

ここまで3戦連続のストレート勝ちで1セットも落とすことなく16強入りを果たした錦織選手。

近年の大会では序盤で長時間に及ぶ試合が続いたため、中盤ではスタミナ切れで失速という場面が見受けられましたが、今回は一試合ごとに要した時間も短く、体力的には十分温存できている様子ですので、余力を持って次戦に臨むことができそうです。

4回戦の相手は世界ランク58位のミハイル・ククシュキン選手(カザフスタン)。

身長183cmの右利き、器用さよりも粘りと力で勝負するタイプのプレーヤーのようで、そういった点はやや錦織選手にも似ているような気がします。

一応、過去の対戦成績は錦織選手が8戦全勝しているので、比較的相性の良い相手と言えそうです。

そんな錦織選手とククシュキン選手の4回戦コート2第3試合に組まれ、第1試合は日本時間8日の19時に開始予定となっています。

4回戦《錦織圭vsM・ククシュキン》10Betの勝敗オッズ

それでは今回も10Bet(テンベット)の方で、こちらの試合にベットしていきたいと思います。

まずはオッズの方を見ていきましょう。

錦織選手1.12倍、ククシュキン選手6.65倍

圧倒的に錦織選手が有利と見ています。

確かに過去8戦全勝して、さらに直近の6試合は連続でストレート勝ちしてますから、錦織選手が勝利する可能性はかなり高いと見てよさそうです。

しかし、ククシュキン選手も2回戦で世界ランク12位で第9シードのジョン・イズナー選手を破っているので、油断はできないと思われます。

したがって今回は、まず錦織選手の勝利に500円ベットし、さらにククシュキン選手も1セットは取ると予想して、セットカウント3‐1にも100円ベットしていきたいと思います。

総ベット額は600円。どちらも勝利することができれば約896円の払い戻しになります。

錦織選手、この試合に勝てば恐らく先はフェデラー、ナダル、ジョコビッチといった強豪たちと相まみえる可能性が高いので、ここでもできるだけ消耗を抑えて勝利を掴みたいところです。

【試合結果】3‐1で錦織選手ベスト8進出!

結果は錦織選手が6‐3、3‐6、6‐3、6‐4と4セットで振り切り、昨年に続いて2度目の準々決勝進出を決めました。

第1セットは序盤から互いにキープが続く展開となりましたが、第4ゲームで錦織選手がデュースの末にブレーク。その後もリードを保ちながらポイントを重ね6‐3でセットを先取しました。

しかし第2セット、第8ゲームでブレークを許して3‐5とされると、続く第9ゲームはククシュキン選手のサービング・フォー・ザ・セットの場面を迎えます。

そこでブレークバックのポイントを握った錦織選手でしたが、そのチャンスを活かすことができず、ここで今大会では初めてセットを落とします

第3、第4セットも競り合う展開となりましたが、徐々に錦織選手のペースに持ち込んで2セットを連取。短時間で決着をつけた1、2、3回戦とは違い、2時間半を超える激闘を制しました。

過去8戦全勝している相手とは言え、今回は少しやりにくかったようですね。

錦織選手も試合後のインタビューで語っていましたが、ククシュキン選手の低くめにくるスライスがすごく打ちづらかったとのこと。

やはり、4回戦ともなるとそう簡単に勝つのは難しくなってくるようですね。

何はともあれ今回も無事に勝利を収め、次にコマを進めることができたので良かったです。

10Betでの賭けも勝利!

賭けも錦織選手の勝利と、セットカウント3‐1にベットしていたので、どちらも予想通り的中となり無事賞金ゲットできました!

まず、錦織選手の勝利には500円ベットして、オッズは1.12倍だったので、約561円の払い戻し。

そしてセットカウント3‐1の方は100円賭けて、オッズは3.35倍だったので約335円の払い戻しです。う~ん…こちらの方にはもう少しかけておけば良かったですね…

今回は合計約896円の払い戻しプラス約296円となりました。

10Bet 収支明細
資 金5,435円
ベット額600円
払戻金896円(+296円)
残 高5,731円

錦織選手、次の準々決勝で対戦する相手はフェデラー選手に決まりました。

いよいよここから正念場を迎えることになりそうです。

タイトルとURLをコピーしました