【女子W杯グループステージ最終節】日本vsイングランドの勝敗予想

サッカー

いよいよ明日、なでしこジャパンはグループステージ最強の敵、イングランドとの対戦を迎えることになります。

すでに決勝トーナメント進出が決まっている日本ですが、このイングランド戦の結果如何によって、トーナメント初戦で戦う相手も変わってきますので、非常に重要な一戦となります。

イングランドに勝って1位通過となればB・E・F組いずれかの3位と、引き分けて2位通過の場合はE組1位と、負けて3位通過の場合はA・B組1位と当たることになります。

1位通過すれば中国、カメルーン、チリなど、日本よりFIFAランキングが低い相手との対戦になるので、やはり少しでも決勝トーナメントを優位に進めるため、ここはイングランドに勝って1位通過したいところです。

第2戦でスコットランドを2‐0で撃破した勢いに乗って、この最終戦も勝利で飾ってほしいと思います。

なでしこジャパンvsイングランド》ウィリアムヒルのオッズは?

それではウィリアムヒルで、この試合のオッズを見ていきたいと思います。

日本3.80倍、イングランド2.05倍

現在のFIFAランキングは日本が7位、イングランドは3位となっています。

かつては日本が4位でイングランドは6位と日本の方が格上でしたが、今ではすっかり立場が逆転し、今年3月に行われた国際親善試合でも0‐3で日本は完敗しています。

ここ数年で確実に力をつけてきているイングランドに対し、やはり日本は少し劣勢の立場かと思われますが…しかし、ここは何とか1位通過してほしいという願いも込めて、あえて日本の勝利にベットしていきたいと思います。

それでは日本の健闘を祈り、試合の方を応援していきましょう。

ケガで不調な選手を多く抱え、今一つチームの状態が万全でないことが懸念される日本ですが、ここはひとつ王座奪還に向けて踏ん張ってほしいところです。

【試合結果】0‐2で日本完敗!1位通過はならず

イングランドが想像していたより強かったですね…やはりFIFAランキング3位の実力は伊達ではありませんでした。

この日はFW横山久美選手が第1戦のアルゼンチン戦以来で復帰し、右サイドハーフにはFW小林里歌子選手が入って、スコットランド戦から2名が変更された先発メンバーとなりました。

左サイドにもFWの遠藤選手が入り、FWの選手を多く起用した攻撃的な布陣で臨まれた一戦でしたが、しかしその戦略は今一つ機能せず、試合は完全にイングランドの押せ押せムードで日本は攻めあぐねる形となりました。

とにかく前半はフィジカルとスピードに勝るイングランドの猛攻を凌ぐのに精いっぱいで、攻撃に転じる機会もなかなか与えられず、14分、MFスタンウェイ選手の縦パスからディフェンスラインの裏に抜け出したFWホワイト選手に先制ゴールを決められてしまいます。

その後もイングランドに押し込まれる時間が続きましたが、何とかGK山下選手の好セーブで耐え忍び、失点は1に抑えたままハーフタイムへ。

後半、MF小林選手に代わって三浦選手、FW横山選手に代わって菅沢選手が投入され、少し試合の流れが変わって日本が反撃に転ずるかと思われた矢先、一瞬のスキを突かれ再びスルーパスから抜け出したホワイト選手に決定的な2点目を奪われます。

結局そのまま日本は得点を決めることができず0‐2で敗れ、残念ながら首位通過はなりませんでした。

後半は特に日本にも何度かチャンスはありましたが、それを決めきることができない“決定力不足”が浮き彫りとなった一戦だったように思います。

ウィリアムヒルでのベットも負け

何とか勝って次に繋げてほしかったですが、イングランドが文句なしに強かったですね。

残念ながら賭けも負けで-1ドルとなりました。

William Hill 収支明細
資 金111.67ドル
ベット額1ドル
払戻金(-1ドル)
残 高110.67ドル(約11,900円)

これで日本は2位通過となりましたので、決勝トーナメントではE組の1位カナダオランダと対戦することになります。

タイトルとURLをコピーしました