【女子W杯】なでしこジャパン2大会ぶりの優勝へ向けて発進!

サッカー

いよいよ女子ワールドカップが開催となりました。

すでに開催国であるフランスは1次リーグA組で韓国を4‐0で破り、幸先の良いスタートを切っています。さすが FIFAランク4位の強豪です、圧倒的な実力を見せつけました。

そして2大会ぶりの優勝を目指すなでしこジャパンは、明日11日D組初戦でアルゼンチンと対戦することになります。

日本が属するグループDは難関とされ、他にもFIFAランク3位のイングランド20位のスコットランドとの対戦が後日に控えています。

この中でもアルゼンチンはランキング37位で、過去の対戦成績も日本が4戦全勝しているので、まだ比較的戦いやすい相手と言えるかもしれません。

なでしこジャパンvsアルゼンチン戦!ウィリアムヒルのオッズは?

今回はこちらの試合にウィリアムヒルでベットしていきたいと思いますが、オッズの方は以下のようになっています。

アルゼンチン21.00倍、日本1.07倍

かなり日本の方が優勢と見られているようですね。

アルゼンチンと言えば男子サッカーはかなり強いですけど、女子はサッカーよりもフィールドホッケーやバレーボールといった競技の方が盛んなようで、それほど強くはないようです。

ここは日本が勝つ可能性はかなり高いと見て良いと思いますので、日本の勝利にベットしていきたいと思います。

しかし、ただ試合の勝敗にベットするのではオッズがあまりにも低いため、ここは日本が3‐0で勝利するというオプションにベットしていきます。

ベット額は1ドルです。少額ですが倍率は6倍なので、勝てばそれなりに利益は見込めます。

3‐0というのは少し厳しいかもしれませんが、後に控えている強豪達との対戦を考えると、できるだけこの試合で多くの点を取っておいた方が良いですよね。

アルゼンチンも来月から女子リーグがプロ化されるということもあり、かなり女子サッカーの強化には力を入れているようなので、過去対戦した時のように簡単ではないかもしれませんが、何とか頑張って勝利を掴んでほしいところです。

【試合結果】0‐0でなでしこジャパン痛恨の引き分け

日本まさかの無得点に終わってしまいました。

女子ワールドカップではスコアレスドローの試合は史上6度目になるそうです。意外と稀なケースなんですね…

試合全体を通して、ボールの支配率は日本の方が上回っていたように見えますが、予想以上にアルゼンチンの守備が堅く、なかなかシュートを打たせてもらえない状況が続きました。

また、どうしても体格差があるため、ボールを持ってもすぐに当たり負けしてしまい、キープできないシーンが目立ちました。

フィジカル面ではどうしても海外選手に引けを取ってしまうのは仕方ないと思いますが、もっとテクニックやスピードを活かしたパスワークで相手を翻弄するシーンを見せてほしかったです。

後半、少し相手の足が止まってきた頃にチャンスの場面は訪れ、MF長谷川唯選手が絶好のポジションからシュートを放ちますが、惜しくも枠を外れ、結局最後までゴールを決めることはできませんでした。

WilliamHill(ウィリアムヒル)でのベットも惨敗

3‐0で日本が勝つというオプションに賭けていたので、見事に惨敗となりました。

オッズでは圧倒的な差がついていたのに…いまいち当てにならないですね。

William Hill 収支明細
資 金94.35ドル
ベット額1ドル
払戻金(-1ドル)
残 高93.35ドル(約10,230円)

ともあれ、なでしこジャパンはグループDで一番ランクの低いアルゼンチンに引き分けたのは痛かったですね。残る強豪達とどう戦うか…非常に厳しい状況に迫られました。

次は14日、スコットランドとの第2戦目を迎えますが、気持ちを切り替えて臨んでほしいところです。

タイトルとURLをコピーしました