【全仏OP男子シングルス】錦織選手2日がかりの激闘を制し4回戦突破!

テニス

6月3日、全仏オープン男子シングルス4回戦、錦織選手が6-2、6-7(8-10)、6-2、6-7(8-10)、7-5で、フランスのブノワ・ペール選手を破り準々決勝進出を決めました。

前日の2日は6-2、6-7(8-10)、6-2とセットカウント2‐1で錦織選手がリードしていましたが、この日は残念ながら日没で試合が順延となり、第4セットからは翌日に持ち越されました。

前日は錦織選手が良い流れで試合を運んでいましたが、1日経った今日は苦戦を強いられ、フルセットまでもつれ込む展開となりました。

第4セット、タイブレークで2度のマッチポイントを握るも決めることができず、このセットは落としてしまいます。

迎えた最終セットも先にブレークを許し3‐5とされ、ペール選手に王手をかけられます。しかし、ここらが錦織選手の真骨頂“驚異の粘り”4ゲームを連取し、7‐5でこの接戦を制しました。

今日は少し雨がパラつき、前日とはコートの状態も違って球速なども変化するので、それに対応するのが大変だったようですね。

次の準々決勝は世界ランク2位“赤土の帝王”ことラファエル・ナダル選手と対戦することになります。

ウィリアムヒルで準々決勝(錦織vsナダル)を予想

これまで両者の対戦成績は2勝10敗と錦織選手が大きく負け越しており、しかもクレーコートにおいては全敗しています。

ナダル選手はクレーコートで驚異的な強さを誇り、同大会での通算成績は90勝2敗というとんでもない記録を持っています。

対して錦織選手は3回戦のジェレ戦で4時間26分、この4回戦では3時間55分という非常に長時間にわたる試合を展開しており、おそらく疲労はピークに達している中で翌日のナダル戦…

これは錦織選手の方が圧倒的に不利なのは否めませんね。

ウィリアムヒルのオッズは以下の通り。

錦織選手15.00倍、ナダル選手1.02倍

やはりオッズにかなりの開きがありますが、まぁこれは妥当なものと言えるでしょう。

う~ん…錦織選手が勝つ可能性はかなり低そうですが…

しかし、ここはあえて錦織選手にベットしていきましょう。

まぁ、やはり同じ日本人として応援したいですからね。

ベット額は1ドル。いつもより少なめですが、オッズは15倍なので勝てば15ドルになります。

それでは、錦織選手の健闘を願い試合を応援していきましょう。

【試合結果】錦織選手ストレートで完敗!4強入りならず

結果は1‐6、1‐6、3‐6のストレートで錦織選手が負けてしまいました。

いや~やっぱりナダル選手が強いですね…

序盤から終始試合の主導権を握っていました。

第1セットでいきなり3ゲーム連取され、つづく第4ゲームは何とかキープしましたが、その後すぐに3ゲームを連取されて敢え無く1‐6でセットダウン。

第2セットの第2ゲームには15‐15から3ポイント連続で奪い、初めてブレイクにも成功しましたが、しかし、また第3ゲームから5ゲームを連取され、このセットも1‐6で落とします。

第3セットは2‐4でナダル選手がリードする中、試合は悪天候のため一時中断。約1時間10分後に再開されましたが、流れを変えることはできず 3‐6 で試合終了。

錦織選手は準々決勝で敗退となりました。

ナダル選手がここまで4試合中3試合をストレートで順調に勝ち上がってきたのに対し、錦織選手は3、4回戦を長時間に及ぶフルセット末に切り抜けてきました。

ただでさえ実力の差がある上に、体力的な面においても圧倒的に不利な試合でしたから、今回の負けは致し方なしといったところですかね。

ウィリアムヒルでのベットも負け

錦織選手が負けたので賭けも負けで-1ドルです。

William Hill 収支明細
資 金99.15ドル
ベット額1ドル
払戻金(-1ドル)
残 高98.15ドル(約10,650円)

今大会で錦織選手は4大大会4連続ベスト8入りを果たしたことになります。

しかし、ここから先に進むのがどうしても難しいといった印象ですね。

フェデラー、ナダル、ジョコビッチといった強豪たちが必ず立ちはだかりますから…

錦織選手にとって、この壁が相当高いものであることは否めませんが、次のウィンブルドンに向けて、また進化した姿を見せてほしいところです。

タイトルとURLをコピーしました