【U-20W杯】日本vsメキシコ!ポーランドの地で初勝利なるか?

サッカー

初戦、南米王者エクアドルとの闘いを1-1の引き分けに持ち込んだ日本代表。第2戦目となる26日はメキシコと対戦することになります。

エクアドル戦ではチーム全体の動きが少し硬かったのか、前半では終始相手に試合のペースを握られ、最終的にはオウンゴールで1点を失ってしまうという展開になりました。

しかし後半、FW斉藤選手に代わって宮代選手が入ってから前に出る積極的なプレーへと展開し、辛くも同点に追いつくことができました。

この後半に出たパフォーマンスを発揮できれば、次のメキシコ戦も十分日本に勝機はあるのではないかと思われます。

今回はこの試合にWilliamHill(ウィリアムヒル)でベットしていこうと思います。

日本が属するグループBの順位表は以下の通りです。

順位チーム名勝点試合数勝数引分数敗数得点失点得失点差
1U-20イタリア31100211
2U-20日本11010110
2U-20エクアドル11010110
4U-20メキシコ0100112-1

メキシコはイタリアとの初戦に敗れ、現在グループ最下位に沈んでいますので、次の日本戦を落とすわけにはいきません。ですから相当の気持ちをもってこの試合に臨んでくることが予想されます。

ウィリアムヒルのオッズは以下の通り。

メキシコ2.20倍、日本2.87倍ですからメキシコがやや優勢と見ているようですね。

相手は北中米カリブ予選でも2位だった強豪ですから、やはり日本は少し分が悪そうです。

それでもここは日本に勝ってほしいという願いも込めて日本にベットしていきます。

ベット額は5ドル(約550円)。2.87倍のオッズですから払い戻しは14.37ドル(約1,570円)です。なんとか日本が健闘してくれることを祈りましょう。

中でも注意すべきなのはメキシコのエースMFディエゴ・ライネス選手。現在スペインのベティスに所属している選手ですが、先のイタリア戦でも高いパフォーマンスを発揮していました。

テクニックとスピードを兼ね備えた縦横無尽に駆け巡るドリブルが武器で、身長は167㎝と小柄ですが大きい相手にも当たり負けしないフィジカルの強さを持ちます。

彼をいかに封じるかがこの試合のカギになるのではないかと予想されます。

試合結果:3‐0で日本がメキシコを撃破!

エクアドル戦での硬さはなく、メキシコ戦は一人一人がよく動いてチーム全体がアグレッシブに攻めていた印象でした。

開始早々はメキシコFWディエゴ・ライネス選手の速攻ドリブルから、PA内に走り込んできたFWロベルト・デ・ラ・ローサ選手にパスがわたり、シュートを打たれるという少しヒヤッとした場面はありましたが、ここはGK若原選手がしっかりセーブしてピンチを凌ぎました。

そこから日本が反撃に転じ、前半21分に相手がクリアしたボールをMF藤本選手がPA内にワンタッチパス。そこに走り込んできたFW宮代選手が左足を合わせ、まずは1点を先制!

後半の立ち上がりに、セットプレーからFW田川選手が追加点を奪い、さらに32分、田川選手のスルーパスに宮代選手が抜け出して今度は豪快に右足でシュート!この日2ゴールとなる3点目あげ、3‐0でメキシコを降しました。

これでウィリアムヒルでのベットも無事に勝利で14.38ドルの賞金をゲットできました!

William Hill 収支明細
資 金104.77ドル
ベット額5ドル
払戻金14.38ドル(+9.38ドル)
残 高114.15ドル(約12,500円)

U-20日本代表ありがとう!(^^)!

正直はじめはメキシコに押される試合展開を予想していたのですが、全く逆で完全に日本が優位に試合を進めていました。

やはり相手のエース、ディエゴ・ライネス選手を徹底的にマークしたようで、それが功を奏したのかメキシコはかなり戦力を削がれて攻めあぐねていた様子でしたね。

これで日本はグループステージ突破に大きく前進したことになります。

次の相手は強豪イタリアですが、この勢いでグループ最終戦も頑張ってもらいたいところです。

タイトルとURLをコピーしました