広島の猛追がすごい!21日からの中日2連戦を予想

野 球

広島の強さが半端ないですね…

今季は開幕から5カード連続で負け越し、4月16日終了時点で借金は8、首位とのゲーム差は
7 と、最下位に落ちていた広島ですが、驚異的な追い上げを見せています。

過去に開幕から4カード以上連続で負け越したチームの優勝はないとのことで、もはや広島の優勝はデータ上0%と言われていました。

やはり、丸選手の巨人移籍や、ベテラン勢の新井、黒田選手の引退で抜けた穴があまりに大きく、チーム全体の戦力が落ちているのか?と思われましたが、しかし4月17日の巨人戦で逆転勝ちしたあたりから流れが変わり、そこから一気に8連勝という快挙を成し遂げました。

その後あいだに4連敗という時もありましたが、また持ち直して5月11日~19日まで7連勝という快進撃で見事なV字回復を図り、今や首位・巨人とゲーム差なしの2位にまで迫りました。

やはり3連覇している強さは伊達ではありませんでした。

開幕直後の不調だった時に比べ、明らかにチームの打率もアップし、得点力も増していますし、投手陣においても始めは防御率4.37とリーグ5位だったのが、現在(5月20日時点)は3.04とリーグトップになっています。

21日の広島×中日戦をウィリアムヒルでベット

この勢いはまだ続きそうなので、今回は広島が8連勝目を挙げると予想して、William Hill(ウィリアムヒル)で広島の勝利にベットしていきたいと思います。

中日が2.10倍で、広島が1.71倍とやはり広島が優勢と見ています。

確かにいま広島が勢いに乗っているというのもありますが、今季に入って中日とは9試合中6勝3敗と広島が勝ち越してますから、その観点からも広島に分があると見て良いでしょう。

それでは広島に5ドル、ベットしたいと思います。日本円にして約550円です。

1.71倍なので、払い戻しは8.57ドル。日本円にして約980円くらいですかね…勝てば大体430円くらいの利益になります。

広島のスタメンはおそらく《1番・野間選手、2番・菊池選手、3番・バティスタ選手、4番・鈴木選手、5番・西川選手》この打線でくるでしょう。

それでは、いま最も乗っている赤ヘル打線の活躍に期待して試合を観戦していきましょう。

試合結果:広島が8連勝で単独首位に浮上!

広島が3‐2で勝ちました。これで今季2度目の8連勝となり、今日は巨人の試合が雨天中止となったため、単独首位に躍り出ました。

試合は両チーム得点のないまま淡々と回が進み、強いて言えば2回に中日から連打を浴びて1死一、二塁と、流れが中日に動きそうな場面がありましたが、それも野村投手の好投で難なく乗り越えることができました。

転機を迎えたのは5回、2死満塁の場面から菊池選手が左前適時打を放って2点を先制し、2‐0とします。

その後も両チーム無得点のまま6回、7回が終わり、迎えた8回、無死満塁から松山選手の押出し四球で広島がさらに1点を追加します。

しかし、9回に中日の反撃を受け、福田選手の7号ソロで1点を返され、さらに1死二塁の状態から高橋選手の適時二塁打で1点差にまで詰め寄られます。

最後は2死満塁というピンチの場面を迎えましたが、なんとか“守護神”中崎投手の踏ん張りで逃げ切り、広島が3‐2で勝利となりました。

最後の場面はちょっと危なかったですが、無事広島が8連勝を挙げることができましたので、今回ウィリアムヒルでの賭けも勝ちということになります。

5ドルベットでオッズは1.71倍、賞金8.57ドルゲットです。

William Hill 収支明細
資 金106.20ドル
ベット額5ドル
払戻金8.57ドル(+3.57ドル)
残 高109.77ドル(約12,130円)

ちなみに借金8以上からの首位浮上は、12年に西武が借金9から挽回して以来なんだそうです。そして借金8以上からの逆転優勝は07年の日本ハムだけだそうです。

どちらもパリーグで、セリーグではそういった記録はないんですかね…まぁこれを見ても今回広島がやってのけたことが如何に至難の業かということが伺えますね。

やはり3連覇を成し遂げている実力は本物のようです。

この快進撃がどこまで続くのか、今後の試合にも注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました